他の全ての債務整理の方法と同じ

高収入を目指して転職したい方へ

MENU

他の全ての債務整理の方法と同じ

他の全ての債務整理の方法と同じく、過払い金請求の手続きも個人で可能です。この手順では、始めに取引履歴の開示を求めますが、その際、ゼロ和解を持ちかけられる可能性があります。

 

残っている債務をゼロにしてこの話の幕引きにしませんかという申し入れです。

 

聞き入れる場合、取引履歴の開示前では過払い分がいくらあるのか不明に終わってしまいます。軽はずみにゼロ和解をすると結果的に損となるリスクがあります。
債務整理を行う方法はいくつかありますが、例えば任意整理と民事再生というものがあります。その差というのは、元金が減額されることがあるかないかです。

 

 

任意整理の場合は債権者と債務者が相談し将来利息がカットされた返済額を元に月ごとの返済をしていく方法で、普通は借り入れの元金は不変です。
他方、民事再生は裁判所に返済計画を提出することが求められ、認めてもらえた場合、元金の減額となり、残りの返済を続けることになります。債務整理を行うデメリットもあります。有名なところでいえば、ブラックリストに名前が載ってしまうことでしょう。要するに、クレジットカードやローンの審査に通らなくなります。
自己破産や任意整理など、債務整理には複数の種類がありますが、どのような債務整理の方法を選択するかによって借り入れ制限の期間が約5年間から10年間と異なり、一律ではありません。返済をしながら弁護士費用を工面するのは大変なはずです。

 

 

 

ただ、着手金は満額でなくても、弁護士次第ですが債務整理を引き受けてくれるところはあります。たとえば着手金が無理でも手付けを少額でも用意します。

 

着手金との差額部分については、債務整理を開始してから返済が猶予されている間に積立を行い、すべての処理が終わってから成功報酬などと一緒に積立から精算を行います。

 

ごく一部の例外を除き、債務整理では大抵、このような相殺方法を推奨していますので、検討してみる価値はあるでしょう。覚えておいてほしいのですが、きちんと債務整理を完了したとしても、その後しばらくは、クレジットカードなどのサービスを使いたくとも、審査をパスできなくります。債務整理をした人はこの事実が信用情報機関に保存され、ブラックになりますから、数年間はクレジットカードの利用停止が解除されませんし、大手の金融機関から融資を受けたり、ローンを組むなどの行為ができません。債務整理をするやり方は、様々あります。
中でも一番スッキリする方法は、一括で返済することです。
一括返済の良いところは、その債務を一括で返し終えますから、以降の面倒な書類の手続き及び返済が要らない点です。理想的な整理の仕方だと言っても良いでしょう。

 

 

これから自己破産をしようという時には、預貯金についてはもれなく破産申立書の中で申告しなければいけません。あとは、総額や時価が20万円を超える資産は借金の返済にあてられますが、自己破産以外の債務整理では返済方法も変わってきます。とはいえ、別の預金口座に移したり現金で隠し持ったりすることは考えないほうが無難です。

 

仮にどこかで発覚したとして、免責不許可といった事態になるのですから、正確に報告したほうが身のためでしょう。
通称ブラックリスト入り(信用情報機関に事故情報が記載されること)と、自己破産、または、個人再生ならば官報上に個人情報が載ることが債務整理をする上でのデメリットと言えます。けれども、事故情報は永遠に残るわけではありませんし、常日頃から官報を見ているような人は極めて少数です。

 

 

 

なお、保証人を設定しているならその人に相当な迷惑が降りかかる事はありえます。